Diamond cut ring

永遠の輝きを放つ、ダイヤモンド。
エンゲージリングにダイヤモンドが使われたのは1477年、マキシミリアン大使が公女マリーに結婚を申し込んだときに「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンドが使われたという記録からです。その後永遠の輝きを失わないダイヤモンドがエンゲージリングの定番となりました。

エンゲージリングとしてお求めになられても、なかなか普段に着けられないのではもったいない。毎日つけたい。同じ日なんてないのだから毎日something specialでいたい。
アンティークな宝石店TRANSHIP JEWELRYでは宝石を日常にプラスすることをご提案します。

石の存在感に見合った金属の量感。Diamondの輝きを際立たせるために金属部分は艶消しにしてありますが、ランダムなカットを加えることによって見える陰影。これらが絶妙なバランスをとっています。

人もそれぞれに個性があるのと同様に、石にもそれぞれの個性があります。
相性のよい石との出会いをお楽しみください。
おすすめ順  |  価格順  |  新着順
28商品中 1-21商品