rough

ダイヤモンドは26億年前に地球の奥深いところで高温高圧のもとで結晶し、火山活動によって地表に運ばれ、長い年月を経てようやく私たちの前にその姿をあらわしています。
通常私たちが多く目にするのは、磨かれ美しく輝いているダイヤモンド。光をよく反射させるために理想に近い形にカット、研磨されています。

その前の磨かれる以前のもの、いわゆるダイヤモンドの「原石」は、それぞれ出来上がった環境が微妙に異なるので、二つとして同じ形のものはなく、実はその姿は本当に個性的なのです。
磨かれていなくても、屈折率の高い透明なダイヤモンドの金剛光沢を感じることが出来ます。

TRANSHIP JEWELRYでは通常では研磨されるはずの宝石用の原石を選んであえてそのままの姿でJEWELRYにデザインしました。
ありのままの姿のダイヤモンド、「rough diamond jewelry」をお楽しみ下さい。

ラフダイヤモンドのさらに詳しい説明はこちらから
おすすめ順  |  価格順  |  新着順
51商品中 1-21商品