Online shop
せっかくのダイヤモンドリング。特別な日だけではなく、いつも身に着けて毎日Something specialでいたい。そんな想いを大切に、デイリーユースなダイヤモンドリングをご提案します。華美な装飾のない作りと、ほどよい量感のある着け心地は年齢やシーンを選びません。マット加工を施した表面は、時間の経過と共に磨かれ艶を増し、金属の変化が楽しめます。
 
一般的にお店に並ぶダイヤモンドの殆どは、美しく見せるためにカットと研磨が施されています。しかし屈折率の高いダイヤモンドは、原石のままでも十分に美しく、その表情はとても個性的。TRANSHIP JEWELRYではその原石の中でも、透明感が高く高品質のものや、稀少なソーヤブルと呼ばれる正八面体の原石などを選び、ありのままの姿のダイヤモンドジュエリーとしてご紹介しています。地球からの贈り物、ダイヤモンド。2つとない原石の輝きをお楽しみください。
 
ひと目ひと目愛情をかけて丁寧に紡がれてゆく手作りのレース。透かし模様のハートが並ぶデザインは、そんなレースをイメージソースにデザインしました。 レーシーで軽やかなつくりは、肌にのせると、まるで宝石が浮いているかのよう。セッティングされた宝石を四方から差し込む光で反射させ、より美しく輝かせます。甘さを求めながらもどこか凛とした空気をもつ”float”。自立した現代女性が楽しむためのカジュアルラインです。
 
クラシカルな印象のFame ライン。ヨーロッパの古城に使われるエクステリアからインスピレーションを受け、デザインしました。艶と照りが美しい半球体のマベパールや、オリジナルの多面カットを施したカラーストーンなど、一つで十分な存在感をもつ大振りなジュエリーたち。パーティーシーンやウエディングジュエリーとしても活躍します。
 
TRANSHIP JEWELRYのウエディングリングは、毎日身につけられるデザインをご提案しています。恋人として最後に贈る宝石、エンゲージリング。そして、互いを結ぶマリッジリングへと、変わらぬ愛を誓うその想いを、肌にしっくりと馴染むデザインのリングがこれから歩む二人の未来に寄り添います。リングの巾や金属の色、ダイヤサイズなどのセミオーダーも行っています。
 
仕事、遊び、生活。一つ一つにこだわりを持ち、どれも手を抜かない。そんな素敵な男性はジュエリー選びにもこだわります。ダイヤモンドの原石や、ヴィンテージ感のある黒味を帯びたK18のホワイトゴールドを主に使用し、金属表面にはマットな仕上げを施しています。素材そのものが持つ個性を大切にしたデザインで、他にはないメンズジュエリーを目指しています。
 
細かさゆえ、一日に3時間しか作業できないというマイクロモザイクの技術。細く伸ばしたガラス棒の小片を、丁寧にジュエリーのベースに差し込んでいきます。小さなピースで描かれたモザイク画と宝石が見事なまでに、あらゆる風景やモチーフパターンを表現していきます。宝石と金属だけでは表現できなかった世界が LE SIBILLEの作品の中にはあります。イタリアの伝統技術、マイクロモザイク。その繊細でどこか温かみを持った作品を日本でもご紹介したく取り扱いを始めました。
 
美しさと豊かさの象徴でもある真珠。永遠の憧れダイヤモンド。どちらも古くから女性たちに愛され、様々なシーンで活躍してきました。特に、産地の殆どが日本の伊勢であるアコヤ真珠は、他の真珠に比べ優しく上品な輝きが特徴で、とても魅力的です。高価なダイヤモンドや真珠を毎日身につけたい。そんな想いからEucoのジュエリーは生まれました。恋するドキドキを心電図に模した“dokidoki”や、流れ星をキャッチしたような“Star”シリーズなど大人女子必見なアイテムが勢揃いです。