ジュエリーリフォームについて
宝石鑑定士として数え切れないほどのジュエリーを鑑定・査定してきました。
デザインが合わなくなり身につけなくなった宝石。ジュエリーが本来持っている『次の世代への継承』がないことに心を痛めてきました。

TRANSHIP JEWELRYは親から子へと代々受け継がれて行く、普遍的デザインで価値が下がらないジュエリー制作を目指しています。

ダイヤモンドやルビー、エメラルド、サファイアなどの立爪リングやペンダントを『Diamond cut ring』や『Fame』『Float』のオリジナルデザインへリフォームすることができます。

お母様から譲り受けた宝石を婚約指輪や結婚指輪に。
時を重ね愛情を注がれた宝石は、新しい家族の始まりを見守り応援してくれる強い存在。
『ファミリージュエリー』として家族の絆と想いを受け継ぎます。

お父様から受け継いだ宝石のタイピンやカフスボタンをペンダントトップやブレスレット、リングにして毎日身につけられるジュエリーのご提案もしています。

石に込められた想いを次の世代へとお繋ぎするお手伝いをすることで、
TRANSHIP JEWELRYのコンセプト
『価値が下がらず次の世代へと受け継がれるモノづくり』
を実現していきます。
オーダー方法
1. ご予約・ご来店
ご予約は、お電話かメールでお問い合わせください。ご来店の際には、リフォームされたい宝石をお持ちください。不要な貴金属のお買取りをご希望の場合は、ご本人確認資料が必要となります。
2. お品物の確認
お持ちくださった宝石・貴金属の種類を鑑別いたします。宝石の状態の確認を行い、リフォームができるかを判断させていただきます。お買取りできる貴金属の種類をお知らせいたします。
3. ご相談・お見積り
当店の商品ラインからデザインをお選びいただくセミオーダー制作となります。お好みのデザインをご相談・決定して、概算のお値段と制作期間をお伝えします。(こちらまでは無料です。)
4. 制作決定・ご依頼
リフォームのご依頼をお決めいただけましたら、概算金額の半金以上を制作お内金としてお支払い頂きます。お控えとして、制作お内金のお支払い証明書とオーダーシートをお渡しいたします。
5. 出来上がり・お渡し
出来上がりの最終確認ができましたら、お客様へメールまたはお電話でご連絡いたします。ご都合のよろしい営業日にご来店ください。お内金を差し引いた金額をご精算し、お渡しとなります。
リフォーム実例
TRANSHIP JEWELRYのジュエリーリフォームに関する情報や実例をご覧いただけます。